手作り結婚指輪の鍛造技法とロストワックス技法についてまとめました

結婚指輪はどうやって手作りする?鍛造技法とロストワックス技法

ロストワックス製法と鍛造の違い

手作り結婚指輪の技法には、ロストワックス製法と鍛造と呼ばれる製法があります。ロストワックス製法は最もポピュラーな技法で、現在市販されているジュエリーのほとんどがこの技法で作られています。金属を直接扱うのではなく、べたつかないロウソクのようなワックスと呼ばれる素材から指輪の原型を作ります。この原型を作るのが二人の作業となります。完成したワックス原型を石膏で埋めて焼くと、ワックスだけが燃えてなくなり、石膏に原型の空洞ができます。そこに溶かした金属を流し込んで指輪が出来上がります。ワックスが溶けてなくなるので「ロスト(失われた)ワックス」製法と呼ばれています。

一方、鍛造と呼ばれる技法は、古来からの技法、いわゆる鍛冶屋さんの技法です。1本の地金を直接叩いて伸ばし、溶接、研磨して作る技法です。一から完成までほとんどの工程を自分たちで作ることができます。

鍛造のメリットとデメリット

鍛造は、完成までの工程のほとんどすべてに関わることのできる技法です。せっかく作るんだったら手作りの工程に醍醐味を感じたい、という二人にはおすすめです。

金属を叩いて圧力をかけて、伸ばしたり曲げたりしながら指輪を作っていきます。この金属を叩き上げる工程で金属自体が引き締まり、密度が高くて強度の高い指輪になります。さらに変形にも強く表面も比較的硬いので、触ったときにしっかりした重量感を感じることができます。また表面の硬度が高いため磨いたときの輝きも強くなります。

しかし、作業工程にはバーナーを使って金属を溶かすなど、火を使う危険な工程も多く含まれるので注意が必要です。そして金属を曲げたり削り出したりして作るため、曲線を描くデザインや複雑なデザインを作るのがむずかしい技法となります。そのためデザインはまっすぐでシンプルな結婚指輪に限定されがちです。

ロストワックス製法のメリットとデメリット

ロストワックス製法は、金属そのものを加工するわけではないので、複雑なデザインを作ることに向いています。繊細な造形が可能になるため、他の技法では作れない自由なデザインを作ることができます。また、二人で作る指輪の原型素材はロウのような素材のため、爪でも削れるくらい柔らかく、切ったり削ったりする作業も比較的簡単にできますし、失敗しても何度でもやり直しができます。さらに糸ノコや専用のヤスリなどの工具を使うので安全に作業をすることができます。

ただ、二人の手作りの工程が指輪の原型までとなると、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。しかし逆に言えば、この仕上げ加工を職人がすることで、品質の高い結婚指輪を作ることができるという点は指輪の仕上がりや品質が高いというメリットであるとも言えます。そしてこの仕上げ加工は職人の技術によって差が出てくるので経験豊富な職人のいる工房で作れば長く使える一生ものの結婚指輪に仕上がります。

経験豊富な職人のいるおすすめの工房BEST3
総合評価第1位
Hamri サンリバイブ

自由なデザインでつけ心地の良いリングに仕上がるHamriの手作り結婚指輪。制作ムービーをDVDでプレゼントという嬉しい特典も魅力。

総合評価第2位
ケイウノ レッドドラゴン

日本最大のオーデーメイドジュエリーの専門店ケイウノ。希望に合わせて自由に制作プランを選ぶことができるのが特徴です。

総合評価第3位
SORA 純黒根茎

東京表参道にあるオーダーメイドアクセサリー専門店SORA。忙しくてお店に行けない人は自宅でオーダーメイドもできます。

ページのトップへ