既製品と手作り品の指輪の品質や強度について調べました

手作り結婚指輪って既製品に比べると品質・強度は劣らない?

手作り結婚指輪の強度

手作りの結婚指輪と聞くと強度に不安を持つ人もいるかもしれません。一生ものの結婚指輪は毎日身につけるものなので、デザインだけでなく強度にもこだわりたいですよね。

手作り結婚指輪で一般的な製法はロストワックス製法という、ロウ素材のワックスを使って指輪の原型を作る方法です。この製法はプロの指輪職人が作るやり方と全く同じ方法で、指輪の製造においても最もポピュラーな製法です。お店に並んでいる指輪のほとんどがこの製法で作られているものです。ですから、手作りした指輪でも一般の指輪と比べて強度が劣ることはありません。また実際に原型を作る工程ではプロの職人がしっかりサポートしチェックするので、原型が失敗することもありません。そして出来上がった原型からプロの指輪職人が仕上げを行うので、強度はもちろんのことクオリティの高さも既製品と変わることはありません。

手作り結婚指輪の品質

一生身につけられる結婚指輪を手作りするのに、強度とともに重要になるのが指輪の品質です。この品質に関しては、工房のこだわりやその工房の職人の技術によって大きく変わってくるようです。例えば金属の素材やダイヤなどの天然石の品質は工房によって違ってきます。また既製品と同じ強度で作れるロストワックス製法では二人が作った原型をプロの職人が仕上げ加工をしていきますが、この仕上げ加工の中にはつけ心地など指輪の品質に関わる重要な作業もあり職人の技術や経験の差が大きく関わってきます。

ロストワックス製法で手作りの結婚指輪を作れる専門店はいろいろありますが、まずはその専門店に工房があるかどうか、そしてそれぞれの工房のこだわりやその工房の職人がどのくらいの技術と経験をもっているのかなどの特色を知ることが、品質の良い結婚指輪を手作りするうえで重要となります。

強度や品質にこだわった工房を選ぼう!

まずはしっかりした強度の指輪を作るために、ロストワックス製法で作れる工房を選びましょう。そして品質についてはそれぞれの工房によって考え方が変わってきます。たとえば、使用出来る素材は質の高いものであるか、宝石の品質にもこだわりがあるかなどももちろん重要ですが、指輪のつけ心地も品質に関わる大切な点となります。

結婚指輪は日頃から身につけて日常生活を送るので、つけ心地がとても重要になってきます。このつけ心地を大きく左右するのが指輪のサイズですが、通常は1mm単位で測る指輪のサイズを、0.1mm単位で測ることでつけ心地にこだわりをもつ工房もあります。そしてそのつけ心地をさらによくするために、指輪の裏側(指に当たる部分)にほどよく丸みをもたせる加工をしてやさしいつけ心地にする技術もあります。これは経験豊富な熟練の職人でないとなかなかできない技術なので、工房を選ぶうえで重要なポイントとなります。

指輪の品質・つけ心地にこだわるなら!おすすめの工房BEST3
総合評価第1位
Hamri サンリバイブ

自由なデザインでつけ心地の良いリングに仕上がるHamriの手作り結婚指輪。制作ムービーをDVDでプレゼントという嬉しい特典も魅力。

総合評価第2位
ケイウノ レッドドラゴン

日本最大のオーデーメイドジュエリーの専門店ケイウノ。希望に合わせて自由に制作プランを選ぶことができるのが特徴です。

総合評価第3位
SORA 純黒根茎

東京表参道にあるオーダーメイドアクセサリー専門店SORA。忙しくてお店に行けない人は自宅でオーダーメイドもできます。

ページのトップへ