オーダーメイドマリッジリングとハンドメイドマリッジリングの違いについて

オーダーメイドマリッジリングとハンドメイドマリッジリングの違い

オーダーメイドマリッジリングとは

オーダーメイドのマリッジリングは、お店でデザインや素材などをカタログやサンプルなどから組み合わせて選ぶかたちが一般的です。中には専門のデザイナーが、希望のデザインやこだわりなどからイメージをデザイン画にして提案してくれるお店もあります。

具体的には、土台になる素材、デザイン、仕上げの加工法、ダイヤモンドならばカラット、カラー、クオリティ、カットの選択、リング幅やサイズ、刻印などについて一つ一つ指定していきます。また二人の指輪のサイズ幅をそれぞれ違うものに変えたり、別々のデザインにすることができるのもオーダーメイドの特徴です。細かく決めていくことによってオリジナリティの高いマリッジリングができます。

このようにしてデザインが決まると、その後は指輪職人がデザイン通りに指輪を作り、出来上がるのを待つのがオーダーメイドのマリッジリングです。

ハンドメイドマリッジリングとは

オーダーメイドのマリッジリングはデザインを決めることはできますが、実際にその指輪を作るのは業者や職人です。一方、ハンドメイドのマリッジリングは、デザインを決めるまではオーダーメイドと同じですが、その後二人で工房に赴いて実際に指輪を作るところがオーダーメイドとの大きな違いとなります。

この指輪作りには、おもに2種類の製法があります。一つはデザインの自由度が高いロストワックス製法という指輪の原型を作る製法。もう一つはシンプルなデザインに多い鍛造製法という金属を曲げたり伸ばしたりしながら輪っかにして指輪の形を作りあげる製法です。どちらの製法にしても、自分たちで指輪を作る工程を経験できるのは、ハンドメイドのマリッジリングだけです。オリジナルのデザインというだけでなく、この経験がハンドメイドのマリッジリングの醍醐味となります。

手作りがおすすめなワケ

手作りとなると、手先が器用な人でも指輪作りの経験がある人はあまりいませんし、手先に自信がなく手作りの作業を不安に思っている人も多いかもしれませんが、作業工程にはプロのスタッフや職人がついてしっかりサポートしてくれます。ですから安心して作業をすることができますし、このような中でお互いに助け合って指輪を作っていく共同作業はなかなかできる体験ではありません。そしてこうして作った結婚指輪は、出来上がったときの感動が違いますし、オーダーメイドの結婚指輪では決して味わえない体験となります。

オーダーメイドもハンドメイドも、オリジナルデザインという点では世界でひとつのマリッジリングになりますが、そこにこうした特別な思い出が加わると、指輪に対する思い入れが違ってきます。この特別な経験は、結婚指輪を手作りすることでしか経験できない貴重なものとなるので、ぜひ体験してみてください。

結婚指輪を手作りするなら!おすすめの工房BEST3
総合評価第1位
Hamri サンリバイブ

自由なデザインでつけ心地の良いリングに仕上がるHamriの手作り結婚指輪。制作ムービーをDVDでプレゼントという嬉しい特典も魅力。

総合評価第2位
ケイウノ レッドドラゴン

日本最大のオーデーメイドジュエリーの専門店ケイウノ。希望に合わせて自由に制作プランを選ぶことができるのが特徴です。

総合評価第3位
SORA 純黒根茎

東京表参道にあるオーダーメイドアクセサリー専門店SORA。忙しくてお店に行けない人は自宅でオーダーメイドもできます。

ページのトップへ